春の思い出

 いつの間にか日中は汗ばむような季節となりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか?

いつも「ぶどうの木デイサービス」のブログを見てくださりありがとうございます。

 

 4月は、毎年恒例のお花見をしました。今年は、「お花見ドライブ」と称し、西田公園や、満池谷の震災記念碑公園に行きました。冬場は外出することが難しいので、春の外出はみなさん楽しみにされている行事です。来てくださっているご利用者様全員に四季を感じていただきたく、1週間通してお花見ドライブをしました。公園では、デイサービスから持って行った温かい紅茶を飲みながらお花見を楽しみました。「健康で、仲間とお花見できることほど幸せなことはない。」と話しておられた方の言葉が印象的でした。

 

 

 毎月1回ぶどうの木デイサービスでは、先生を招いてお花の教室があります。みなさん「生け花」と「フラワーアレンジメント」の違いを知っていますか? 正しいことをお伝えすることができませんが、私は「生け花」は花の個性を活かすこと。「フラワーアレンジメント」は花が調和するように並べることのような気がします。どちらも花を楽しむ心に違いはないのですが、流派に縛られず、自由に生けられるのがフラワーアレンジメントの楽しみ方です。

先生が、その日の花材についてはもちろん、その花言葉や香りの楽しみ方まで教えてくださいます。私たちのご利用者様は(女性も、男性も)周りのご利用者様と楽しく会話をされながら生けられます。楽しく、また優雅な、また命に触れる時間です。できあがった作品と共に記念撮影を撮りました。

 

 

 西宮市神垣町にある、西宮聖愛教会の「オリーブの会」の皆様が大正琴とフルートのコンサートをしてくださいました。

大正琴の音色は、ご利用者様にとってどこか懐かしいようで、演奏中に引いているようにご自分の指を動かされたり、体を揺らしながら聞いておられました。年に何度か来てくださるのですが、素敵な手作りの歌集を作ってきてくださり、皆でそれを見ながら演奏に合わせて歌いました。途中、音楽に合わせての指の体操などもプログラムに入れてくださっています。

楽しい時間をもつことができました。

 

これから暑い時期に入ります。こまめに水分の摂取をお願いします。

 

スタッフ 輝之