夏の思い出

 炎暑の日々でしたが、皆様、お元気でいらっしゃいましたか。

”ぶどうの木デイサービス”では、ご利用者様の中で暑さに弱られた方もおられましたが、毎日10名余りの方々をお迎えして、この夏も楽しく過ごすことができました。

今月は暑さで外出ができないため、多くの音楽のボランティアの方が来てくださって、皆さんを楽しく、明るくしてくださいました。

 

8月7日の午後には、これまで何度も来てくださっているトランペット奏者の男性が来てくださって、明るい音色を聞かせてくださいました。晴れやかなファンファーレでスタートしたコンサートでしたが、「見上げてごらん夜の星を」や、「夏の思い出」「アイアイ」や「さんぽ」「花のまわりで」など、懐かしい曲や、楽しい曲をトランペットの演奏と共に歌いました。

トランペットの音色は、はっきりと、大きく響く音なので、ご年配の方にはぴったりです。

おかげさまで暑さを吹き飛ばす午後となりました。

 

8月18日には、女性コーラスグループ ”甲陽園グリーンコール”さんが14名の大編成で来てくださいました。

美しい歌声、またハーモニーに、みなうっとりとしました。

コンサート後、メンバーのお一人、お一人に「今年の夏のハイライト!」をお聞きしました。

旅行されたこと、海外へのお引っ越しの準備、コンサートに行かれる楽しみ、などいろんなお話が出ました。

若くて、家族で暮らす真っ盛りの皆さんの生活ぶりは、ご利用者さんそれぞれに、ご自身のこれまでの歩みや、かつての忙しかった夏のさまざまな思い出を、思い起こさせることだったと思います。

 

8月22日には、同じく女性コーラスグループ ”コーロシンセラ”さんが11名で来てくださいました。

10番まである長い歌「おさななじみ」の歌を、途中でそれにまつわるほかの曲を入れたり、楽しい絵を見せてくださったりして、歌で綴る物語のようにして歌ってくださいました。リーダーの方による「千の風になって」の独唱もすばらしく、盛りだくさんなプログラムで、1時間のコンサートをしてくださいました。

メンバーの皆さんのおそろいの水色のスカートも若々しくて、涼し気で、とても楽しいコンサートでした。

 

ボランティアの皆様のおかげで、酷暑の夏も明るく、元気にしていただきました。

ありがとうございました。