甲東梅林をぶらり


 

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」

 

 

 

梅林をお散歩中に、ある利用者様が思い出されたようにつぶやかれました。

春を待ちわびた利用者様の思いと菅原道真の思いが重なるようでした。

 

甲東梅林には39種類、200本もの梅が植わっており、それぞれの木がそれぞれの時期に花を咲かせています。

白や濃いピンクや桃色や黄みががった色など、梅と一言にいってもそれぞれの違いがとても興味深いです。

 

青空に背伸びをするように枝を広げ、花を咲かせる梅の姿は、「春はすぐそこ」と教えてくれているようです。

そして、優しい香り。利用者様によると、開花してからより、つぼみがほころんだくらいがよく香るそうです。

利用者様と手をつなぎながら、梅の香りの道を歩きました。

 

ある利用者様が歌を作って詠んでくださいました。

 

「一点の 曇りなく 皆で集いて 花見かな」

 

楽しい時間をこうして歌に表現できるということは素晴らしいですね。

聞いている私たちもうなずきながら歌を味わいました。

 

 

そして、こちらの写真はぶどうの木のお庭にある、ちいさな梅の木です。

甲東梅林の歴史には負けてしまう若い若い梅ですが、こんなにもたくさんの花を咲かせてくれました。

毎日私たちを励ましてくれています。

 

みなさまも三寒四温の折柄、お体にお気をつけてお過ごしください。

 

春美

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ケセラセラ (土曜日, 12 3月 2016 22:58)

    甲東梅林…素敵ですね。近くなのに行ったことありません。
    行ってみたいです。
    ぶどうの木の若梅も…

  • #2

    ぶどうの木デイサービス (月曜日, 14 3月 2016 15:12)

    ケセラセラ様
    梅林へぜひ来年行ってみてくださいね。
    ぶどうの木の若梅はきょうの雨もはじいて元気です!
    長く住んでいても、知らなかったいい所って実はたくさんあるのでしょうね。
    またいい発見があればお知らせいたします。

    春美

  • #3

    ケセラセラ (水曜日, 16 3月 2016 00:34)

    ありがとうございます。
    楽しみにしています♫