みんなのブログ♪♪♪

 

ここでは、日ごろの出来事や一日のうちで感じたことなどを載せております。

ご利用者様、ご家族様はもちろん、どなたでもコメントできるようになっています。

 

 

ぶどうの木、明るい9月!



猛暑が過ぎた9月には、”ぶどうの木 デイサービス”でさまざまなイベントがありました。

 

12日午後には落語会が開かれました。

すぐ目の前で、大きな明るい声で「ちりとてちん」など演じてくださる楽しさは格別でした。

登場人物を生き生きと感じる落語の世界のすばらしさを、たっぷり味わいました。

 

14日には”ゴスペルチャーチ千里”という教会から10名ほどのメンバーが来てくださり、ゴスペルフラダンスやフルート演奏、また寸劇などを披露してくださいました。皆さん総出で演じてくださる、絵本を元にした「白菜夫人と青虫くん」のお話は、映像あり、音楽、衣装、小道具もある本格的なもので、心を込めて演じてくださる劇には感動しました。

フィナーレは楽しく、にぎやかに、花笠音頭を踊ってくださいました。

最後に、牧師先生の聖書のお話を聞くこともできました。

 

15日の午前中に、近くにある”みそら幼稚園”の園児さんが先生と一緒に来てくださいました。

7月には七夕のお遊戯で、この9月には敬老のお遊戯で、ご利用さんと上手に交流してくださいました。

園児さんと握手をしたり、顔を見合わせたり、肩を叩いてもらったりして、ご利用者さんもスタッフも、とても幸せな気持ちになりました。

この幼稚園の園児さんは皆、大きな声で元気よく歌われる子どもたちばかりで、その幼子の声が、聞いている方の心も元気にしてくれます。

毎年来てくださるこの交流会が、ご利用者さん、またスタッフの、とても大きな喜びとなっています。

 

21日には、こちらももう何回も来てくださっている大正琴の会”オリーブの会”の方々がおいでくださいました。

近くにある”西宮聖愛教会”の大正琴同好会の皆さんで、もうお顔もお名前も覚えるほど何回も来てくださっています。

いつもその日のプログラムの歌集を作ってきてくださり、それをプレゼントに置いていってくださるので、その後も歌の時間に使わせてもらっています。

今回は、「赤とんぼ」や「旅愁」「平城山」といった秋の曲や、「川の流れのように」や「糸」など演奏してくださったので、それに合わせて皆さんで何曲も歌いました。

 

さまざまなところから、いろいろな方々が、持てる賜物をもって”ぶどうの木 デイサービス”に来てくださり、皆さんを楽しませてくださり、心を明るく元気にしてくださり、また、短い時間ですが、友となってくださって、交流してくださいます。

ありがたいなぁ、と感謝の思いでいっぱいです。

 

                                               スタッフ 鶴岡淳子

夏の工作

いつも「ぶどうの木デイサービス」のブログを見てくださり、有難うございます。

 

ようやくしのぎやすい季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

今年の夏は例年と比べ、少し過ごしやすかったと感じるのですが、いかがでしょうか?

 

夏の時期は、ご高齢者様の体のご負担などを考慮して外出のプログラムが減ります。

デイサービス施設内での、歌のコンサートや、マジックショー、講師の方をお招きして生け花の教室などをしたりして過ごしていました。

今年の手作りレクでは、「ぶどうの木オリジナル木製写真フレーム」を2カ月かけて作成いたしました。

当デイサービスの向かいにある木工作品工房「りゅう木庵」のオーナー様が、一品、一品手作りでぶどうの木のデザインのフレームを彫ってくださいました。ご利用者様には、その特製フレームにアクリル絵の具を使用して、好きな色を塗っていただいたり、ボンドを使って張り付けていただいたり、2度、3度とニスを塗っていただきました。

最後に皆様の集合写真を飾って持って帰っていただきました。

「素敵なものができたね」と喜んでくださったり、「年がいって、手先がうまく動かない」と諦められていた方が、いざ作業に取りかかると、集中して行われていたのが印象的でした。

このフレームを皆様のお宅に置いて、これからの素敵な思い出の一枚を飾ったりすることに使っていただけたら嬉しいです。

 

 

スタッフ 輝之

 

 

 

夏の思い出

 炎暑の日々でしたが、皆様、お元気でいらっしゃいましたか。

”ぶどうの木デイサービス”では、ご利用者様の中で暑さに弱られた方もおられましたが、毎日10名余りの方々をお迎えして、この夏も楽しく過ごすことができました。

今月は暑さで外出ができないため、多くの音楽のボランティアの方が来てくださって、皆さんを楽しく、明るくしてくださいました。

 

8月7日の午後には、これまで何度も来てくださっているトランペット奏者の男性が来てくださって、明るい音色を聞かせてくださいました。晴れやかなファンファーレでスタートしたコンサートでしたが、「見上げてごらん夜の星を」や、「夏の思い出」「アイアイ」や「さんぽ」「花のまわりで」など、懐かしい曲や、楽しい曲をトランペットの演奏と共に歌いました。

トランペットの音色は、はっきりと、大きく響く音なので、ご年配の方にはぴったりです。

おかげさまで暑さを吹き飛ばす午後となりました。

 

8月18日には、女性コーラスグループ ”甲陽園グリーンコール”さんが14名の大編成で来てくださいました。

美しい歌声、またハーモニーに、みなうっとりとしました。

コンサート後、メンバーのお一人、お一人に「今年の夏のハイライト!」をお聞きしました。

旅行されたこと、海外へのお引っ越しの準備、コンサートに行かれる楽しみ、などいろんなお話が出ました。

若くて、家族で暮らす真っ盛りの皆さんの生活ぶりは、ご利用者さんそれぞれに、ご自身のこれまでの歩みや、かつての忙しかった夏のさまざまな思い出を、思い起こさせることだったと思います。

 

8月22日には、同じく女性コーラスグループ ”コーロシンセラ”さんが11名で来てくださいました。

10番まである長い歌「おさななじみ」の歌を、途中でそれにまつわるほかの曲を入れたり、楽しい絵を見せてくださったりして、歌で綴る物語のようにして歌ってくださいました。リーダーの方による「千の風になって」の独唱もすばらしく、盛りだくさんなプログラムで、1時間のコンサートをしてくださいました。

メンバーの皆さんのおそろいの水色のスカートも若々しくて、涼し気で、とても楽しいコンサートでした。

 

ボランティアの皆様のおかげで、酷暑の夏も明るく、元気にしていただきました。

ありがとうございました。

フラダンスショー

 いつも「ぶどうの木デイサービス」のブログを見てくださり、ありがとうございます。

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 7月31日には、当デイサービスで ”サクラポエポエ” 様8名によるフラダンスショーがありました。           これまでにフラメンコのダンスショーはありましたが、フラダンスのショーは今回が初めてでした。

ピンクのハイビスカスが綺麗なフラダンスの衣装で「アロハ~!」とあいさつしながら入場してくださる皆様は、まるでここがハワイであるかのような雰囲気を感じさせてくださいました。ご利用者様、スタッフにハワイのレイ(花で作った首飾り)をかけてくださって、フラダンスショーはスタートしました。

ゆっくりとしたメロディーに、ぴったりと動きの合ったダンスのショーはとても素晴らしかったです。

以前よく海外旅行でハワイに行かれていたご利用者様は「また行けた気分だわ」とダンスを満足されていました。

メロディーに合わせて手を真似されている方や、体を横に揺らしている方もいらっしゃいました。

夏らしい、明るく楽しいショーで、みな楽しみました。

 

 まだ暑い日が続きますが、どうかお体ご自愛くださいませ。

 

スタッフ 輝之

 

みそらっ子と七夕のつどい

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

いつも”ぶどうの木デイサービス”のブログを見てくださり、ありがとうございます。

 

10日(月)は、デイサービスの近くにある「みそら幼稚園」の園児さんたちが遊びに来てくださいました。       毎年この月と、9月に遊びに来てくださいます。園児たちのパワーはいつも全開で、交流させていただく私たちはいつも元気をもらいます。七夕の歌を歌ってくれたり、星座の歌に合わせて絵を出すお遊戯をしてくれたりして、何曲か歌ってくださいました。”みそらっ子さん”から出る元気いっぱいの歌声に、見ている私たちはとても癒されました。            ピアノの音に合わせて手を握るお遊戯では、思わず「小さい手やね~」とお話するご利用者様もいらっしゃいました。   私自身がこの幼稚園の卒業生で、懐かしい園長先生のお顔や、園児さんの制服に、「僕もこんな頃があったんだな~」と懐かしい気持ちになりました。

これから気温が高くなります。どうかこまめに水分摂取をお願い致します。

 

スタッフ 輝之

トライやる・ウィーク

 いつもぶどうの木デイサービスのブログを見てくださり、ありがとうございます。7日(水)には梅雨に入ったと発表がありましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

 さて、私たちのデイサービスに新しいスタッフが2名来ました。この子たちは近くの中学二年生で、学校の授業の一環で来てくれました。活動名は「トライやる・ウィーク」といって、興味のある仕事や、体験してみたい仕事に、1週間体験をするという行事です。毎年、近くの中学生が来てくれて、私たちと一緒になって仕事をしてくれます。さすが中学生!!元気いっぱいで働いてくれました。ご利用者様との交流、配膳の手伝い、ゲームなどの補助、施設の掃除などをしてくれました。最終日の金曜日には、毎朝している朝の会の司会進行や、午後レクのゲームの担当までしてくれました。

笑顔が素敵な二人は私たちスタッフにも元気をくれました。戦前、戦中、戦後と生き抜いてこられた方々との交流は彼女達にとっても忘れることのできない貴重な体験になったことと思います。

中学生のみなさん本当にお疲れ様でした!! 残りの学生生活も楽しんでください!!

 

 湿度と気温が高くなります。こまめな水分と、ミネラル補給をしてください。

 

スタッフ 輝之

素晴らしい音楽会

初夏の気候になってまいりました。

空は青く、風は爽やかで、日も明るく長い、よい季節ですね。

 

 5月25日木曜日に、音楽ボランティアグループ”さくら”さんが来てくださいました。

”ぶどうの木”に来てくださるのはこれで2度目ですが、今回もすばらしい歌声で、ご利用者さんを、心弾む、楽しい世界へと導いてくださいました。

「サザエさん」や「およげ!たいやきくん」といった楽しい曲から、「修学旅行」「学生時代」「また逢う日まで」といった懐かしい曲、「浜千鳥」「緑の牧場」など古い唱歌、さまざまな歌を、ご一緒に歌いました。

毎日午後のおやつが出た後にみんなで歌っていますが、伴奏つきで、またしっかりと歌ってくださる方々と共に歌うのは、格別の楽しさでした。”さくら”の皆さん、ありがとうございました。

 30日火曜日には、韓国の賛美宣教団”オンギジャンイ”の皆さんが来てくださいました。

毎年この時期に関西ツアーがあって、あちこちの教会や学校などを回って、讃美歌を歌う働きをされているグループです。

こちらも昨年に次いで2度目の訪問ですが、小さなデイサービスのご利用者さんのために、他のところでのコンサートと変わらないスタイルでコンサートをしてくださいました。

男声、女声合わせた、すばらしいハーモニーで、みなその美しい歌声に聞き入りました。

最後に、”ぶどうの木”で毎朝皆で歌っている「愛されるために生まれてきた」を、オンギジャンイは韓国語で、私たちは日本語で歌い、日韓合同の賛美の時となりました。

 

地域の方々や、海外の方々まで、私たちを愛してそれぞれの持てるものをもって訪ねてくださり、ご利用者さんや私たちスタッフを楽しませ、励ましてくださる。ほんとうにありがたい、感謝なことです。

                                         

スタッフ 淳子

 

 

お花見

いつも「ぶどうの木デイサービス」のブログを見てくださり、ありがとうございます。

桜の花びらが静かに舞い散り、春を感じる温かい気候になりましたが、皆さまはお花見をされましたでしょうか?

ぶどうの木デイサービスでは、桜の名所である夙川公園や、西宮震災記念碑公園に行ってお花見をしました。

この時期は震災記念碑公園の近くにある西宮市越水浄水場が、期間限定で敷地内に入らせてくださいます。毎年、私たちもお邪魔させていただています。そこで働いている警備員のお一人が、浄水場内の桜のことをよくご存じで、木や花の解説を入れながら案内をしてくださいました。場内には約200本の桜があり、そのうちこの期間に見ることができるのは22種類の桜約120本です。私は御衣黄(ぎょいこう)という緑の桜や、ウコンという数百品種ある桜のうちで唯一、黄色の花を咲かせる珍しい桜を見ることができて感動しました。

一緒に桜を見て回ったあるご利用者様が、「毎年ここに来るけれど、毎年違いますね」と話してくださいました。ほんとうにその通りで、桜も一生懸命生きており、同じ木であっても、桜の花の数や色、枝ぶり、形など、毎年見せる姿は違うのだなぁと感じました。桜の生き方を見て、その方自身も元気をもらっておられるご様子でした。

不安定な天候の季節です。お身体をご自愛ください。

 

スタッフ 輝之

 

0 コメント

寿司食いねえ!

お花見…雨…( ;∀;)…回転寿司…(*^▽^*)

 

お花見の予定でした。散りかかる桜の花びらの下で、お弁当をいただく予定でした。

ところが無情の雨。どないしょ…そうだ!回転寿司へ行こっ!

皆で繰り出しましたお馴染みの「かっぱ寿司」へ。注文すると電車に乗っかって運ばれてきます。

あなご、サーモン、甘エビ、茶碗蒸しなどなど。どのネタも新鮮で旨いです。

「美味しいねえ…ほんま美味しいわあ…」「これ好き!」

「お醤油とってえ」「あ、ごめんね。自分が食べるのに夢中やった(^^;」

「これ二つもあるから、あんた一つ食べる?」「あ、ありがと。よばれるわ」

ご利用者様とスタッフ、家族で外食のような雰囲気で楽しい時間を過ごしました。

皆さん、いつもよりかなり食が進まれたようです。

デザートもしっかり摂取!意気揚々とぶどうの木まで引き上げてきました。

こっそりばらすとね…私行きたくない、ここで待ってる…と仰った方も、心配でこっそりみるとしっかり食べたはりました!

あ~よかったあ。

 

暑い季節は生ものを避けています。また秋風が吹く頃に行きましょうね!

 

お腹を突き出し、さそりつつ帰りの車に乗り込んだスタッフ・マリコでした。

 

0 コメント

マジックショーとお誕生日会

日差しは春めいてきましたが、冷たい、強い風の吹く日が続いています。

 

”ぶどうの木デイサービス”では、紅梅の花が散りかけ、緋寒桜が咲いてきました。

毎年、ソメイヨシノより一足早く咲くこの桜に、春への期待が高まります。

 

3月21日、火曜日の午後、マジックショーがありました。男性の方お一人と女性の方お一人が来てくださり、それぞれに、楽しい、不思議なマジックを披露してくださいました。中でも、硬い鏡の面に、ボールやチーフが入っていくマジックには目を見張りました。衣装も替えて、音楽もかけての本格的なマジックショーでした。

 

また、24日金曜日は、3月生まれの方のお誕生日会をしました。

100歳、99歳、89歳のお三方で、すばらしい長寿の祝福をお祝いしました。

お赤飯と鯛の料理のお昼ご飯でお祝いし、午後からは皆でケーキをいただきました。

「百歳」という詩集を朗読したり、スタッフから、讃美歌を歌うプレゼントをしたりしました。

 

”ぶどうの木デイサービス”で100歳の方のお誕生祝いをするのは初めてのことで、うれしい日でした。

戦前、戦中、戦後を生き抜いてこられたその長い人生を尊敬し、ここで出会えましたことを心から感謝しています。

 

スタッフ 淳子

 

0 コメント

甲東園梅林



6日、9日、11日の午後に、甲東園の梅林を見に行きました。

散歩しながら梅林を眺めたり、ベンチに座ってお茶とお菓子で小休止したり。ちょっとしたピクニックになりました。

色とりどりの梅が満開に咲き誇っていて、ちょうど見頃でした。

白梅・紅梅・枝垂れ梅など、梅の種類も豊富で、それぞれの木に名前の札がついていました。

梅の香りも芳しく、一帯に満ちていました。

子どもの鶯も、間近で見ることができました。小さくて、木の枝の上をぴょんぴょんと飛び回って、かわいらしかったです。「まあ、かわいい!」「あそこにも2羽いる!」と、皆さま大はしゃぎされていました。

梅花の前で写真を撮ったり、梅の花をじっくり観察してみたり、楽しい時間になりました。

「きれいねえ…」「この色がいいわあ…」と、しみじみと語ってくださり、喜んでいただけて感謝です。

春の訪れを感じることができたのではないでしょうか?

ぜひ、また来年も行きましょう。

 

スタッフ:あすか

 

0 コメント

足湯へ行ってきました!

いつも、ぶどうの木のブログを読んでくださり、ありがとうございます!

先日、芦屋にある足湯に行ってきました。小雨が降る中でしたが、気温もそこまで寒くなく、ゆっくりとお湯に足を浸け、温まることが出来ました。

お湯が出ているところは熱く、離れる程ぬるくなっていました。ご利用者の方たちは、真ん中辺りで浸かる方が多かったです。熱めを好まれる方は「私、熱めが好きです」と仰り、お湯の出ている近くに座り、足湯されました。お湯に足を浸けると「気持ちいいわ」と、皆様ほっこり笑顔でした。しばらくすると、足元から身体全体に徐々に温まり「来てよかったわ」と仰ってくださいました。お茶とお菓子を召し上がり、ぽかぽか気分で帰られてからも「足元がまだ温かいわ」と仰る方が多く、足湯を楽しまれました。     

 

スタッフ 森田

0 コメント

春のささやき

レディー達の歌声に乗って「少し早いですが…」と春がやってきました。

 

昨日までの寒さがうそみたいな暖かい一日、ママさんコーラスの≪レディーバード≫さんが、あたたか~い歌声を聞かせて下さいました。

昭和の懐かしい歌、カチューシャの歌、童謡、叙情歌、井上陽水…

トーンチャイムという楽器、ご存じでしょうか?細長い金管楽器で振るとデリケートな美しい音色です。

鳴子が出るはハンドベルが出るは、盛沢山でワクワクするひと時でした。

ご利用者様にも持たせて下さり、いっしょに演奏出来たことは嬉しい思い出になりますね。

ご利用者様の独唱もあり、男性の方は荒城の月を、女性の方は聖歌隊で鍛えた美声をご披露され、リクエストに応えて予定していない曲の伴奏も、パッと弾けてしまうのですね!凄いですね…

メンバーの皆様も優しくて、ご利用者様の見守りをして下さいました。

曲を追うごとに皆さんのお顔が上気していくのがわかり、大盛り上がりです。

 

レディーバード…てんとう虫という意味だとか。

春の陽だまりにいるような時間をありがとうございました。

感謝を込めて……マリコ

0 コメント

琴のコンサート


1月17日は、お琴の名手である菊若先生をお招きして、演奏を聴かせていただきました。

150~200年前から弾き継がれてきた『千鳥』という名曲は、圧巻でした。江戸時代の曲とは思えない程、豊かで新鮮な調べでしたね。お琴の音色は、上品で何とも風情がありますね。先生の羽織・袴の衣装も、よくお似合いで素敵でした。

先生は、皆様に質問したり、一緒におしゃべりを楽しみながら、コンサートを進めてくださいました。

ご利用者様の中にも3名、お琴を弾いておられた方がいらっしゃいました。女学校で学ばれた方や、教養として習われた方など、きっかけは様々のようです。「どんな曲を演奏されたんですか?」という菊若先生の質問に、皆さん積極的に答えてくださいましたね。皆様からのリクエストに応じて、『さくら』、『うさぎうさぎ』、『浜千鳥』、『荒城の月』などを演奏してくださいました。懐かしさに顔をほころばせておられる方や、足でリズムを刻まれたり、歌詞を口ずさまれている方が多かったです。

その後、お琴からアコーディオンの演奏に移りました。菊若先生は、アコーディオンもお上手なのです!

『ふるさと』、『青い山脈』、『富士の山』などを弾いてくださいました。最後の曲は、この季節にぴったりの『冬景色』でした。

「コンサート、いかがでしたか?」と皆様に尋ねると、「すごく良かった!」「知っている曲が多くて、楽しかったです」と

口々に答えてくださいました。

素敵な思い出がまた一つ増えましたね。感謝です。

 

 

スタッフ 明日香

0 コメント

フラワーアレンジメントの時間


本年もよろしくお願いいたします。

1月も17日が過ぎました。最近では、めったに降らない雪もぱらつき、手がかじかむほど外は寒く、本格的な冬のシーズンに入ったと感じております。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

ぶどうの木デイサービスでは、2か月に一度、生け花の講師の方をお招きして、フラワーアレンジメントの教室があります。

始めてから数年となりますが、この行事を楽しみにしておられるご利用者様も多く、皆さんいきいきと生けておられます。

今回は、春らしい色合いの花々でした。

ご利用者様の年代は、昔、それぞれの流派に分かれて生け花をされていた方も多く、そのお稽古を思い出しながら、それぞれの感性、個性を出して生けられていました。完成した作品を見ていると、こちらも楽しくなりました。

寒いこの時期は外に出られないので、デイサービスでゆっくりとお花を生ける時間をもつことも素敵だと感じました。

 

まだまだ寒い時期が続きますが、お体ご自愛ください。

 

スタッフ 輝之

0 コメント

謹賀新年

 

 

 

 新年明けましておめでとうございます。

 

三が日とも、暖かいよいお天気の穏やかなお正月でした。

皆様には、よき新春をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。

平素はさまざまにお世話になりまして、ありがとうございます。

 

“ぶどうの木デイサービス”はこの春7年目を迎えます。

昨年の9月より、それまでの10名規模から18名規模へと、お預かりするご利用者様の数を広げさせていただきました。

 

さらに大きな家族となったご利用者様に「あなたの大切な一日をここで」という思いで、お仕えしていきたいと願っております。なお今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年が、皆様にとって、よい一年でありますように、お祈り申し上げます。

 

2017年1月 吉日

代表取締役 鶴岡信司

 


0 コメント

ぶどうの木のクリスマス


クリスマスも終わり、今年もあと数日となりました。

冷える日もあるようになりましたが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

 

今年の”ぶどうの木デイサービス”のクリスマスも、盛りだくさんなプログラムで、楽しく、ほがらかに過ごしました。

大きなクリスマスツリーや、大きなリースや、さまざまな飾りを部屋いっぱいに飾ったのは11月の末でした。

 

16日金曜日には今年も”クリスマス フラメンコショー”が開かれました。

スタッフの中の一人が長らくフラメンコを習っている関係で、そのお仲間が3人来てくださり、4人で、またソロで、いくつか踊ってくださいました。

情熱的な明るい曲があり、また、静かな落ち着いたものもあり、一同でフラメンコを堪能しました。

美しい衣装や、大きな扇や、異国情緒あふれるショールなどの小物、それらをまとって間近で見るフラメンコの迫力に、ご利用者様もスタッフも明るい喜びに包まれました。

 

22日木曜日は、今年3回目となる”オリーブの会”の方々の大正琴コンサートがありました。

”オリーブの会”は、”ぶどうの木デイサービス”近くの教会の大正琴クラブの方々で、この日はクリスマスの讃美歌をたくさん演奏してくださり、また共に歌いました。

 

24日土曜日と、26日月曜日の昼食はクリスマスランチ、おやつは手作りケーキでお祝いしました。

この2日間は、午後に”クリスマス ビンゴ大会!!”を開催。豪華1等賞から順に、全員に当たる賞品が用意されて、みなで挑戦しました。賞品は、地域の方が「ご利用者さんにどうぞ」と届けてくださった手作りの巾着の数々や、ご利用者様の奥様の手作りのキーホルダー、スタッフから提供のマフラーやバッグなどでした。大いに盛り上がったビンゴ大会でした。

 

ツリーにかけた電飾は、毎日点灯されていました。

お天気のよい日には、その日差しの明るさでついていることがわかりませんでしたが、曇りの日には部屋の中で、きれいにキラキラと光っているのがよくわかりました。

人が、見ていようといまいと、気づいていようといまいと、変わらず美しく光り照らすその光に、どんな時にも、変わらず私たちを照らしてくださる神様の愛を感じました。

 

2016年も、暮れようとしています。

この年もさまざまにたいへんお世話になりまして、ありがとうございました。

なお、来る新しい年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

                        

                                               スタッフ 鶴岡淳子

 

 

 

 

 

0 コメント

ヨーロッパからやってきた楽器なのに

なんと懐かしい日本の旋律…心に染み入る物哀しい《アリラン》の調べ…

陽気な八木節・チャンチキおけさ・夜来香。戦友・同期の桜。ロシア民謡のペチカ・トロイカ。

なんとラ・クンパルシータ、賛美歌まで!

そのレパートリーの広さにため息が出ました。

演奏して下さった曲を数えればキリがありません。

力強く、また優しく、物語を奏でるように鍵盤をすべる指。世の中にこんなピアニストがいらっしゃるのですね。

ご利用者様も声を張り上げてピアノにあわせ歌ってくださいました。

スタッフも聴き入り「もう仕事なんかどうだっていいやあ」て感じですね(社長さんゴメンナサイ)

戦争にも行かれたと仰る辰巳秀一さん御年93歳!!!

と~~~っても素敵な先生でした!(追っかけしそうです(^^♪)

 

mariko

0 コメント

音楽コンサート


いつもぶどうの木デイサービスのブログを見てくださり、有難うございます。

 

1110日木曜日の午後に音楽ボランティアグループ“オリーブの会”さんが8名来てくださいました。演奏は7名の大正琴と、1名のフルートで構成されていました。

 

懐かしい歌を、大正琴の音と弦を弾いた後のフルートの響きが素敵なハーモニーで奏でられていました。その演奏に合わせて、ご利用者も含めて一緒に歌を唄い、楽しい時間を過ごすことが出来ました。演奏後はオリーブの会の皆様と一緒にお茶やお菓子を召し上がり、演奏の感想や自己紹介をされ、笑顔あふれる時間でした。

 

15日火曜日の午後からは三味線の演奏会がありました。演奏の前には三味線の説明をして下さり、実際に手に持つ機会がありました。見た目よりも重いことにご利用者の皆様も「ほんとや、思ったより重いな」など仰り、驚いていました。演奏は安来節をして下さり、三味線の音色や歌に皆様も聴き入っていました。ご利用者の方に前に出てきて頂き、安来節の独特の節に苦戦しながらも素敵な歌声を披露して頂きました。歌い終わった後は「難しいな、練習せなあかんわ」と仰り、他の聴いていた方たちも「聴くのはいいけど歌うのは難しいわね」「素敵な演奏でした」と話されていて、楽しまれていた様子でした。

 

 

スタッフ 森田

 

尼崎コスモス園

 いつもぶどうの木デイサービスのブログを見てくださり、有難うございます。

少し前の話になるのですが、10月の末に尼崎市の武庫川河川敷にある、コスモス園に行ってきました。毎年行かせてもらって恒例行事になっています。ご利用者様も楽しみにされている外出です。

広大な敷地に埋め尽くされた約550万本のコスモスの迫力は素晴らしかったです。歩いて色とりどりのコスモスを見て回り、お茶を飲んで帰ってきました。今年は尼崎市創立100周年ということもあり、コスモスで100とつくっておられ見事でした。(上部の写真でおわかりでしょうか?)

去年も行かれた方が「今年も来ることができて嬉しい!」と話されていたのが、印象的でした。

 

冷えるようになりました。どうかお体ご自愛ください。

 

 

スタッフ 輝之

 

 

0 コメント

音楽コンサート

 22日の午後、音楽ボランティアグループ  さくら さんが7名で来てくださいました。

めずらしいことに男性の方が多くて5名、女性2名を囲むように並んで、すばらしい歌声を披露してくださいました。

懐かしい歌を、それぞれ曲紹介つきで、しっかりと歌ってくださるので、ご利用者さんも一緒に歌いやすいことでした。

皆さん、あちこちの合唱団に所属して、音楽活動を続けておられる方々なので、美声が響き、また指揮などして、ご利用者さんをうまく乗せてくださいました。

金木犀の花香るこのよい季節、懐かしい歌の数々は、歌うにつれて、かつての時代や人生のできごとをよみがえらせてくれて、心豊かな時間になりました。

“さくら” の皆さんに、自己紹介と共に好きな植物をお聞きしました。「あじさい」、「妻には蘭を贈ります」、「ほうれん草」、というお答えもありました。なるほど、あおあおと、生き生きと、“さくら” の皆さんのようです。

よいコンサートをありがとうございました。

 

スタッフ 淳子

 

2 コメント

ガーデンランチとみそらプレイデー


7日金曜日に、ぶどうの木デイサービスのお庭で、ガーデンランチを開催しました。

前日まで大雨で、開催できるか心配していましたが、当日は見事な快晴でした。

水色の空に、白い雲、心地よいそよ風。ガーデンランチにぴったりな天候に恵まれ、感謝でした。

オレンジ色のテントを張り、朝顔や静かに通り過ぎていく車を眺めながら、楽しむランチ。

かぼちゃや海老の天ぷら・具だくさんの豚汁・おにぎりなどを、たくさん召し上がっていただきました。

「風が気持ち良かったですね」「いつもと違うことができたので、楽しかったです」と、ご利用者様が口々に伝えてくださいました。お庭で食べると、開放的な気持ちになりますね。

 

8日土曜日は、みそら幼稚園のプレイデー(運動会)を見に行きました。

元気いっぱいに動きまわる園児たちに元気をいただきました。

 

 

スタッフ 明日香

 

0 コメント

うたごえ喫茶

 

いつも「ぶどうの木デイサービス」のブログを見てくださり、有難うございます。

 

10月4日(火)は、近くの公民館で行われた「うたごえ喫茶」に参加させていただきました。沢山の地域の方が参加され、二階にある大きな講堂は開始時刻にあわせ満員になりました。透き通るきれいな声の先生のもと、懐かしい唱歌を一緒に歌ったり、先生方の独唱の時間があったり、歌に合わせての体操などがありました。

主催された地域の方々がお茶やコーヒー、そしてお菓子の詰め合わせまで用意してくださり、素敵なお茶の時間をもつこともできました。この曜日のご利用者様は歌うこと、歌を聞くことが好きなご利用者様達が多く、先生にマイクを向けられると熱唱されて、「歌うとスッキリするね」とあるご利用者様は帰りの道話されていました。

10月に入りました。季節の変わり目ですお体ご自愛くださいませ!!

 

スタッフ 輝之

0 コメント

麗しの宝塚

ブログをご覧くださっている皆様、宝塚歌劇をご覧になったことはありますか?阪急宝塚駅を出て大劇場までの桜並木の通りをファンは 🌸花のみち🌸 と呼んでいます。私も若い頃、間もなく会える憧れのスターの顔を想いうかべながら胸をときめかせて歩いたものです。

「よく通いつめたものよ」と仰るかた。「いまだに通いつめてるわよぉ!」と仰る方。そんな皆さんなら、よぉ~っくご存じの元タカラジェンヌ!東千晃さん・桐さと美さんのお二人に再会できました。ほとんどの方が耳にされたことがあるかなという歌 ♪すみれの花咲く頃♪ でスタート。宝塚100年の歴史・往年のスターのうわさ・懐かしい歌・男役さんと娘役さんのセリフ入りの愛の歌。

華やかなライトがあるわけでなし、オーケストラボックスがあるわけでなし、でも目をつぶるとあのステージがよみがえってきます。こんな素敵なプレゼントを企画してくださって有難うございます。

千晃さんと、さと美さんとの出会いにフンワリした心地でぶどうの木へ帰ってきました。

 

mariko

 

 

0 コメント

みそら幼稚園との交流会

 9月15日(木)の午前中に、みそら幼稚園の子どもたちが12名、先生お2人と来てくださり、交流のひと時がもたれました。今回来られたのは、5歳の年長さんたちです。歌に合わせて、ご利用者様たちと握手やハイタッチをしたり、ハグをしたり。「村祭り」という唱歌を歌って、タンバリンで演奏してくれました。小さくて温かい手で一生懸命に、ご利用者様の肩たたきもしてくださり、皆様、お顔がほころんでいましたよ。ご利用者様たちも積極的に手拍子をとり、体を揺らしてリズムを刻んでくださいました。ご利用者様と子どもたちの自己紹介の時間では、それぞれ、お名前とご年齢を教えていただきました。90歳以上の方もいらっしゃるので、子どもたちからも幼稚園の先生方からも、「え~、すごい!」という感嘆の声が上がりました。子どもたちの目はキラキラと輝き、生き生きとしていて、元気をいただきましたね。

 「おじいちゃん、おばあちゃん、どうかいつまでもお元気で!」という優しい言葉で、お遊戯は締めくくられました。

カルピスで一服した後、「バイバーイ!」と手を振りながら、彼らは笑顔で帰って行きました。

 「かわいかったね」「私にも、こんな時代があったのよね」「昔のことを思い出して、懐かしくなりましたわ」と、皆様が口々におっしゃり、喜んでくださいました。

ご利用者様・みそら幼稚園の皆様・スタッフが一丸となって、笑顔と喜びいっぱいの素敵な時間を作ることができました。

素晴らしい1日を感謝します。

 

みそら幼稚園の皆様、今年もありがとうございました。

 

 

スタッフ あすか

 

0 コメント

オカリナコンサート

 8月25日、木曜日の午後、オカリナのコンサートが開かれました。

今回で3回目となりますが、大小2個のオカリナを持って、宝塚からステキな奏者が来てくださいました。

オカリナは、柔らかい、温かい、そしてわりあい大きな音色で、ご利用者さん皆さん、ゆったりと豊かなひとときを過ごされました。

今回は、秋を先どりの唱歌の演奏の後、「暴れん坊将軍」や「徹子の部屋」や「笑点」などのテーマソングを何曲か吹いてくださって、それが何か当てるというクイズコーナーがありました。あらためてオカリナで聞くと、どれも名曲でした。

心にしみるような「アメイジング グレイス」の演奏、晴れやかなフィナーレの曲もあり、お話と共に、すばらしいコンサートとなりました。生で聞かせていただくのは、ほんとうに心躍るうれしいものだなぁ、と深く感じました。

 

夏の疲れのがでるころですので、みなさんどうかご自愛ください。

 

                                                 スタッフ 淳子

0 コメント

コーロシンセラさんのコンサート

 8月5日(金)に、コーラスグループ「コーロシンセラ」さんが来て、歌ってくださいました。

「暑い季節なので、ご利用者様たちに涼しい室内で楽しんでいただけるように」というお心遣いのもと、実現したコンサートです。

古くから歌い継がれてきた唱歌や、夏の歌、恋の歌、現代の歌など、多彩なジャンルの歌を聴かせてくださいました。

夏にぴったりな「みかんの花咲く丘」や「夏の思い出」、「恋のフーガ」「恋のバカンス」「ゴンドラの歌」など、世代を超えて愛される名曲の数々に合わせて手拍子をしたり、体を揺らしたり、一緒に歌ったりして、楽しい時間になりました。

お一人お一人の歌う時の表情が喜びに輝いていて、聴いていてワクワクしましたね。

終戦記念日が近いことを思って、「さとうきび畑」も独唱してくださいました。

最後の曲は「切手のない贈り物」でした。温かい歌詞と懐かしいメロディーで、まさに「歌のプレゼント」に相応しい1曲だったなあ、と感激しました。コンサートの終わりに、コーロシンセラの皆様に自己紹介と、それぞれの子どもさんとの夏休みの思い出を語っていただいた後、お茶とシュークリームを囲んで、交流の時間がもたれました。皆様、楽しそうに談笑していらっしゃいましたね。

ご利用者様たちも、「素敵な歌を聴かせてもらって、楽しい1日になりました」「良い時間でしたね」と、笑顔で帰って行かれました。

素敵な1日をいただいたことに、心から感謝いたします。コーロシンセラの皆様、ありがとうございました!

 

 

スタッフ あすか

 

0 コメント

七夕のつどい


いつも”ぶどうの木デイサービス”のブログを見てくださり、ありがとうございます。

 

 7月7日(木)は七夕でしたが、皆様は何かお願い事をされましたでしょうか?

 

 ”ぶどうの木デイサービス”では、5日(火)に大社公民館で開かれた「ふれあいサロン大社」に参加させていただきました。七夕が近いこともあり、短冊に願いごとを書いたり、折り紙で作った飾りものを笹につけたりしました。

「膝の痛みがとれますように」、「家族と仲良く暮らせますように」、「平和でありますように」と、ご利用者様はそれぞれの願いを書かれていました。

デイサービスに帰ってきてから、各自の笹に、作ってきた飾りをつけて楽しみ、それを持ち帰りました。

 

 7日(木)は、「七夕コンサート」と題して、トランペットと三味線とハーモニカのコンサートが当デイサービスでありました。何度か来てくださっている、近くに住む男性の方が来てくださり、ご自身のふるさとの民謡「安来節」などを三味線で、また「たなばたさま」をハーモニカで伴奏してくださり、次にトランペットを高らかに演奏してくださって、最後に「見上げてごらん夜の星を」を皆で歌って、終わりました。

七夕らしく、夜空を思い、星を思う、よい集いとなりました。

 

スタッフ 輝之

 

 

22 コメント

まご?ひまご?やしゃご?

雨が続き、やっと晴れ間が・・・けど暑すぎる!

そんな日、夏の恒例になった≪みそら幼稚園≫の年長組さん12名の実に実に可愛い園児の皆ちゃまが来て下さいました。

色紙で、彦星さま・織姫さまを折ってご利用者様へプレゼントしてくれましたよ。

みんな目がとてもきれいです。キラキラしています。

ご利用者様と向かい合って名前を教えあい、ハイタッチして、手を取り合ってジャンプ、ただしジャンプは子供達だけですよ。

 

七夕にちなんで夢を教えてもらいました。サッカー選手になりたくて≪五郎丸≫選手のあのポーズをしてくれた男の子がいましたねえ。一番多かったのが「引っ越してしまったお友達に会いたい・・・」会えるといいね!大人になってもいつか会えるといいね!

 

でも毎回思います。子供達みんな可愛い! だけど・・・ここまでまとめはるの先生方大変だろうな!

先生3人子供達12人。炎天下をバイバイと何度も手を振りながら帰ってゆかれました。

ありがとうございます。また来てね!

 

マリコ

 

 

 

 

0 コメント

音楽のつどい


 

 

 いつもぶどうの木デイサービスのブログを見てくださりありがとうございます。

 紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりましたが、いかがお過ごしですか。デイサービスの庭にもかわいらしい紫陽花が咲き、四季を感じて日々を過ごしております。

 

 昨日は「サヤ音楽のつどい」という音楽会へ出席させていただきました。毎年この時期に行われているそうで、今年で5回目となるイベントです。今年は「アンサンブル楽」というフルート愛好家で結成された方々が来てくださって演奏してくださいました。この「楽」は楽器の「楽」からつけられているとのことで「がく」と読むのではなく、「アンサンブルらく」なのだそうです。

 昨日まで私はフルートに種類があることを知りませんでした。フルート、アルトフルート、バスフルート、コントラバスフルートを見せてくださいました。それぞれ、音、長さ、素材、重さに違いがあると知りました。さまざまなフルートから出される音色が混ざり合って、とても素敵なメロディーを奏でてくれました。

ディズニーメロディー、童謡、唱歌、アニメの曲などたくさんの曲を演奏してくださり、ご利用者様は、一緒に歌ったり、手を叩いてリズムをとったりされていました。

アンコール付きの集いに満足して帰ってきました。

 

スタッフ 輝之

0 コメント

梅雨の楽しいイベント

 いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

梅雨の時期に入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 7日(火)は、韓国のコーラスグループが来て、コンサートがありました。このグループは男性3名、女性8名のユニットで「オンギジャンイ」という名のグループです。意味は、日本語で「陶器師」だそうです。各地の教会を回り、讃美歌を歌ってコンサートをしています。毎年この時期に関西ツァーをしておられるのですが、今年はここ”ぶどうの木デイサービス”でもコンサートをしていただけることになりました。オンギジャンイから出される声はとても美しく、デイルームいっぱいに清い歌声が響きました。   リーダーのナムンさんの司会進行も楽しく、熱い心のこもったすばらしいものでした。

 

 

 

 

 11日(土)は、近くの大社公民館で「あじさい大社寄席」に出席させていただきました。毎年、整理券が配られるぐらい人気のイベントなので、私たちもいつもより早く昼食をすませて公民館へ向かいました。開始20分前に着きましたが、会場はすでに3分の2は埋まり、開始近くには満席状態となりました。   今回は4人の芸人さんが講談と落語をしてくださいました。プログラムは、旭堂南照さん「鼓ケ滝」、笑福亭由瓶さん「うなぎ屋」、桂あさ吉さん「青菜」、トリは旭堂南陵さん「幸助餅」でした。どの話もよくできていて、落ちのある話に笑いが止まりませんでした。「さすが落語家やなぁ~」とご利用者様も関心されていました。

 

 


 

 

 13日(月)は、当デイサービスでゴスペルチャーチ千里の方々による、フラダンスのショー、人形劇、大正琴のコンサート、歌のコンサートがありました。盛りだくさんな1時間のプログラムに皆さん大満足でした。今回は本場ハワイで購入したというハワイアンドレスを着て、ゆっくりとしたメロディーで踊ってくださったフラダンスで、デイルームいっぱいに南国の風を吹かせてくださいました。みなさんも「アロハ~」とハワイまで届きそうなぐらい大きな声で挨拶されていました。

 

 1日に飲水として(食事に含まれる水分以外で)、約1,500ml以上の水分摂取が必要と言われています。これから暑い時期に入ります。こまめに水分をとり、脱水症などに気を付けてご自愛くださいませ。

 

スタッフ 輝之

0 コメント

トライやる・ウィーク

少し前の話になってしまいますが…

5月23-27日に、大社中学校の生徒さん3人が、職場体験に来られました。兵庫県の中学校で行われている、「トライやる・ウィーク」という、一週間の職業体験プログラムです。

今回来られたのは、中学2年生の、野球部とテニス部の少年たちです。

緊張した面持ちで来られましたが、ご利用者様と交流するうちに、笑顔を見せ、リラックスした様子が見られました。

靴出し、朝の会の司会、レクリエーションの補助、配膳、片付けなどの業務を、一通りこなしてくれました。彼らは責任感が強いしっかり者でしたよ。

特筆すべきは、レクリエーションです。

紙芝居を朗読してくれた彼ら。よく通る少年らしい声で、情感たっぷりに読んでくれました。なかなかの役者でしたよ。物語の世界観に、彼らの声がぴったりで、皆様も感心しておられました。盛大な拍手に包まれ、照れる彼らも嬉しそうで、微笑ましい光景でした。

「皆様と楽しめるレクリエーションを考案してほしい」という任務にも、誠実に応えてくれました!

彼らが企画してくれたのは、輪投げです。ガムテープで輪っかを作り、床に張り付けたペットボトルに向かって投げるという斬新なアイディアを出し、リードしてくれました。

ご利用者様にしても少年たちにしても、世代を超えて交流する機会はあまりない昨今です。

職業理解を深めるとともに、人生の先輩方との交流は、彼らの人生に大切なものを残してくれたのではないでしょうか。

「僕たちの知らない戦争の体験や昔のことを聞かせてもらって、勉強になりました」「貴重な体験をさせていただきました」と最後に挨拶してくれました。

名残惜しそうに、でも、清々しい笑顔で帰って行きましたよ。時間がある時に、また遊びに来てほしいですね。

ご利用者様も、「若い子が来てくれたら、賑やかでええね」「あの子らホンマにかわいいわ」と喜んでおられました。

ぶどうの木は、トライやるウィークの学生たちの受け入れを毎年しております。来年もお楽しみに。

 

スタッフ あすか

 

 

1 コメント

素敵なコンサート


こんにちは、

爽やかな季節から一転、夏日のような日差しで、中間の季節がない感じです。

お元気でお過ごしですか。

 

24日(火)の午後、コーラスグループ ”UTAMAMMA” さんが6名で来てくださいました。

門戸にあるカルチャースクールで練習を積んでおられるグループで、先生と5名の生徒さんとで来てくださいました。

唱歌で綴る四季のメドレーの後、懐かしい歌謡曲、またそれぞれ衣装も替えて独唱も披露してくださいました。「すみれの花咲く頃」「蘇州夜曲」「コーヒールンバ」「花は咲く」など、次々とたくさん歌ってくださって、楽しい午後となりました。コーラスもあり、独唱もあり、すぐ目の前で歌ってくださる迫力には生き生きと伝わるものがありました。

 

”UTAMAMMA” さん、ありがとうございました。

 

スタッフ 淳子

 

 

0 コメント

北山緑化植物園ピクニック

 

5月9日から働かせていただいております、新スタッフの「あすか」です。はじめまして。

この春、大学を卒業しました。大学では、神学部でキリスト教について学びました。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

新緑が輝く季節ですね!

春の陽気の中、今回は皆様と、北山緑化植物園へピクニックに行きました。

前日までの大雨が信じられないほどの、快晴になりました。

皆さんの行いが良かったからじゃないですかあ?」と社長もニコニコ。

 

日陰のベンチに座り、おいしいお寿司をいただきましたよ。美しい景色と自然の空気に食欲が増し、普段は小食なご利用者様もたくさん食べてくださいました。バラやシャクナゲが見頃で、お花を眺めて談笑したり、集合写真を撮ったり、散策したり。皆様、清々しいお顔をされていました。お花がきれいやねえ…」、「ほんまに、ええ天気やわ」、「楽しかった」などのお言葉を皆様からいただき、スタッフ一同、感慨無量です。また行きたいですね。

 

私は新参者ですが、皆様との距離が以前より縮まったように感じて、心が温かくなりました。

未経験からのスタートでして、一からお仕事を学ばせていただいております。

未熟で分からないことも多々ありますが、優しいご利用者様とスタッフの皆様に支えていただき、感謝でいっぱいです!いつも本当に、ありがとうございます!

皆様に信頼していただけるような、温かくて素敵な職員に成長することが私の夢です。

精一杯、努力してまいりますので、これからも温かい目で見守ってくださいね。

宜しくお願い致します。

 

新スタッフ あすか

 

0 コメント

素晴らしいオーケストラ!

 きょうは、午後から西宮市民会館アミティーホールで開かれた”ウィンドオーケストラ今津 定期演奏会”という催しに皆さんで出かけました。晴れやかで明るく、勢いのあるすばらしい演奏に聞き入りました。マーチや、組曲などを聞きました。大編成のオーケストラの演奏には迫力があって、生の音には感動しました。休憩のロビーでもミニコンサートをしてくださるなど、心のこもった、準備の行き届いたコンサートでした。残念ながら、時間の都合と皆さんのお疲れを考えて、最後まで聞くことはできませんでしたが、帰ってきてから「さっきあった楽器は?」と思い出して言い合ったり、感想を分かち合いました。

体操がわりの、楽しいお出かけでした。

                      

スタッフ 淳子

1 コメント

アシヤでアシユ

ピンクの絨毯のようだった桜の花びらも風と共に去りぬ。

薄緑の葉が、しっかりとした緑色に変わってきましたね。

 

今日は雨・・・が、めげずに皆で出かけました。

≪神戸屋キッチン 芦屋支店≫大きなガラス窓越しにお庭が見え、美味しいお料理を楽しみながら見る雨はなかなか風情がありました。

ランチメニューは、前菜三種・野菜のスープ・メインディッシュは赤鶏の炭火焼きキノコソース添え、そして嬉しい焼きたてパンの食べ放題!!食べちゃいました!!

普段は食の細いあるご利用者様も、美味しいを連発してたくさん召し上がってくださいました。

お出かけしてきれいな店内でのランチ・・・いつもと違う雰囲気で喜んでくださったのでしょうか?

食後のコーヒーを味わった後は、さあ次の目的地≪足湯≫へ一目散。

 

膝までズボンやスカートをまくり上げ、ざぶっといく方や、おそるおそるそっと足を入れる方、どちらもとたんに笑顔がこぼれました。温か~い!

「チキン美味しかったねえ」「私はパンを五つも食べっちゃったわよ」などとランチの余韻を楽しみながら足はポカポカ。

寝る前によく足がつる方、足が冷たくて眠れないかた、今夜は熟睡できますように。

 

私たちスタッフも子供のような笑顔で過ごした4時間余りでした。

 

マリコ

2 コメント

お花見

 平成28年度がスタートいたしました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

ぶどうの木デイサービスもこの4月から6年目をスタートすることができました。

いつも皆様に支えられてここまでくることができましたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。    いつもありがとうございます。

 

今年の桜もとても綺麗でしたね。お花見はされましたか?

あるご利用者様が「今年の桜はつぼみから、花が咲くまで早かった」と話されました。        関西では咲くまで雨が続き、咲いてからは晴れたのでそのように思われたのかもしれません。     私たちは西田公園や夙川公園に桜を見に行きました。金曜日(8日)はあるご利用者様のリクエストで、お寿司のお弁当を持って西宮震災記念碑公園へ行きました。毎年この時期は越水浄水場が10日間ほど一般開放されます。昼食後はゆっくり歩いて浄水場内の400本ほどの桜の木を見て歩きました。       浄水場では親切な職員の方が、詳しく桜の木々のことをを説明してくださいました。ソメイヨシノは散って、地面に桜のじゅうたんとなっていましたが、今から咲く品種もあり、また黄色の桜、緑色の桜、白の桜もあって、紹介してくださいました。ご利用者様も興味津々に話を聞いておられました。

毎年素晴らしい天候に恵まれ、今年もこうして素敵なお花見ができましたことを喜んでいます。

 

スタッフ 輝之

 

 

 

4 コメント

亀子おばあちゃん

今、ぶどうの木デイサービスでは、”亀子おばあちゃん” が大人気! です。

”亀子おばあちゃん”はスタッフの娘さんが、お話を考え、絵を描いて、”ぶどうの木” のために作ってくれた紙芝居の主人公です。

孫の亀太郎くんが、学校の授業での「家族紹介」でおばあちゃんを紹介しました。

歩くのも、その他の動きもゆっくりなおばあちゃん。物事を忘れっぽくなったおばあちゃん。ゆっくりと季節や日差しや風を感じながら生きているおばあちゃん。「僕は大きくなって、おばあちゃんといるのが少し照れくさいんだけれど、僕はおばあちゃんが大好き!」 という紹介で終わります。

温かい絵と、亀太郎くんの優しいまなざし、また、激動の時代を懸命に生きてこられたであろうおばあちゃんの存在感。ステキな絵本で、今、ぶどうの木では毎日、これを楽しんでいます。                           世界でたった一つのオリジナル紙芝居、感謝です。

 

スタッフ 淳子

0 コメント

大正琴とフルートのコラボレーション


素敵な響き、どこか物哀しい余韻。そして格調高いフルートの音色。

お近くの聖愛教会の皆さまが聞かせてくださいました。

もう何回目になるでしょう?今日は総勢6名様の演奏です。

聖書の御言葉に始まり、平城山・月の砂漠・高原列車はゆく、寂しい曲から軽快な曲まで、ご利用者様とスタッフ声を張り上げて歌いました。なんと曲が進むごとに声が出てきましたよ!

そして恒例の手遊び、色とりどりの軍手にフエルトで作ったお花の形の顔を指先に縫い付けてあります。

ドレミの歌に合わせて指を閉じたり開いたり…まあよく考えつかれたものですね。

これを作った方がおっしゃっていました「かあさんの歌じゃないけれど夜なべをしました」と…

 

今日は寒の戻りというのでしょうか?寒かったです!

でも心の中はホッコリホッコリ日向ぼっこをしている心地でした。

大正琴とフルートの演奏グループ《オリーブの会》とおっしゃいます。

やわらかいオリーブ色に包まれたひとときでした。

 

Mariko

 

 

0 コメント

甲東梅林をぶらり


 

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」

 

 

 

梅林をお散歩中に、ある利用者様が思い出されたようにつぶやかれました。

春を待ちわびた利用者様の思いと菅原道真の思いが重なるようでした。

 

甲東梅林には39種類、200本もの梅が植わっており、それぞれの木がそれぞれの時期に花を咲かせています。

白や濃いピンクや桃色や黄みががった色など、梅と一言にいってもそれぞれの違いがとても興味深いです。

 

青空に背伸びをするように枝を広げ、花を咲かせる梅の姿は、「春はすぐそこ」と教えてくれているようです。

そして、優しい香り。利用者様によると、開花してからより、つぼみがほころんだくらいがよく香るそうです。

利用者様と手をつなぎながら、梅の香りの道を歩きました。

 

ある利用者様が歌を作って詠んでくださいました。

 

「一点の 曇りなく 皆で集いて 花見かな」

 

楽しい時間をこうして歌に表現できるということは素晴らしいですね。

聞いている私たちもうなずきながら歌を味わいました。

 

 

そして、こちらの写真はぶどうの木のお庭にある、ちいさな梅の木です。

甲東梅林の歴史には負けてしまう若い若い梅ですが、こんなにもたくさんの花を咲かせてくれました。

毎日私たちを励ましてくれています。

 

みなさまも三寒四温の折柄、お体にお気をつけてお過ごしください。

 

春美

3 コメント

お餅のようにながーく長生き!

 いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

 

 18日木曜日には、ぶどうの木で「餅つき大会」がありました。

今までに、参加させていただいたことはありましたが主催させていただくのは初めてで、前日からもち米を水につけておくこと、蒸しあがるまでの時間のこと、お餅をつく前に臼や杵をお湯につけて温めることなど、やってみないとわからないことがいろいろあり勉強になりました。臼と杵はご近所にある石材屋さんにお借りし、手順や進行などは、あるご利用者様の旦那様やボランティアの学生さんに助けていただきました。

この日は、暖かくてよいお天気でしたから、ご利用者様も皆さんで外に出て参加しました。

写真を見ていただいてもわかる通りお餅の形はバラバラですが、順番にみんなでついたお餅は愛情いっぱいでとても美味しかったです。お雑煮の中に入れたり、大根おろしにつけて、おいしくいただきました。

 

 午後からは、あるご利用者様の100歳の誕生日会がありました。今まで”ぶどうの木”で誕生日会を何度もさせていただきましたが、100歳のお誕生日会というのはデイサービスがオープンして以来初めてで、このようにお祝いさせていただいて幸せでした。

健康に長生きする秘訣は「しっかり朝ごはんを食べ、よく噛んで食事をすること」、「感謝で始まり、感謝で終わること」「他人をけなさずほめること」と教えていただきました。

ご利用者様、スタッフともに励まされたひと時となりました。

 

スタッフ 輝之

 

4 コメント

歌のプレゼント


 いつもブログを見てくださりありがとうございます。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年の冬は寒くなるのが遅く、例年より遅い今頃の時期に、インフルエンザが流行っております。

これからは花粉や黄砂などが飛ぶ時でもあります。まわりはいつもより咳やくしゃみをする方がが多く、菌が蔓延しているように思います。マスクや、うがい、手洗いなどしっかりして体調管理をしていきたいと考えております。  

 

 13日(土)は、琴とフルートのコンサートが当施設でありました。先月にも来ていただいた、菊若啓州先生(芸名)が琴を弾いてくださり、すばらしいフルート奏者の方も来てくださいました。                           曜日によって来られているご利用者様が違いますので、このように2度にわたり演奏してくださったことはとてもありがたいことです。演奏してくださった曲も前回とは違い、2回も演奏を聞けた私は幸せでした。

特に、琴とフルートで演奏してくださった「春の海」には臨場感があり、感動しました。

よく知っている「春の海」は、琴とフルートの生き生きとした掛け合いのような演奏の曲で、とてもリズミカルなこの曲を聞いていると、春の光や、弾んだ感じが伝わってきて楽しい演奏でした。

琴というと、のびやかな、また雅やかなものと思っていましたが、こんなにテンポのよい、歯切れの良い曲もあるのだ、と改めて思わされました。

来られているご利用者様の中には、若い頃琴を習われていた方が多く、昔を思い出しながら聞かれている方や、演奏に合わせて指を動かしている方がおられたことが印象的でした。演奏に合わせて懐かしい唱歌を一緒に歌う時間もありました。

心温まる時を過ごすことができ、1日早いバレンタインデーのプレゼントをいただいた気分でした。

 

まだまだ冷える時期です。どうぞご体をご自愛くださいませ。

 

スタッフ 輝之

 

 

0 コメント

回転寿司へ!!

みなさまこんにちは。

 

いよいよ厳冬の候となりました。

お元気でしょうか?

 

ぶどうの木では、寒さに負けず!

昨日は、回転寿司へ行ってきました。

 

ご利用者様が楽しみにしていた回転寿司。

外へ出ると澄んだ青空に風が冷たく、いそいそと車へ乗り込みました。

 

ご利用者様のなかには、「回転するお寿司屋さんは人生初めて」

という方もおられました。

「あれ食べてみますか?」「これおいしそうですね!」

と、宝石のような色とりどりのお寿司が流れてくる

美味しいレーンを見つめながら、

心もお腹も満たされました。

 

初めて回転寿司に来られたご利用者様は、

回る仕組みにも、タッチパネルにも、

デザートのパフェがあることにも

驚きっぱなしのご様子で

「何でも取って食べられるなんて夢の国ね!」と

心から楽しんでおられるようでした。

 

 

また冬のお寿司はおいしいですよね~!

 

 

 

ディズニーランドは遠くとも、

”回るお寿司の夢の国”

また行きましょうね!

 

春美

2 コメント

ぶどう寄席のはじまりはじまりぃ~

チャカチャンチャンチャカチャカチャンチャン♪

なんとエレキギターの出囃子でさっそうと登場いたしましたのは≪祝福亭一麦≫師匠!

本題の落語に入る前に、ハワイにまつわるクイズ・そして師匠の伴奏で、憧れのハワイ航路の大合唱。利用者様達もよくご存じの歌で、皆さまニコニコと大きな声で歌ってくださいました。

あ~ハワイへ行きたいなあ。

 

さて気分がほぐれたところで落語2題。

まず、動物園が舞台で動物不足のため日当一万円で雇われ、ぬいぐるみを着るはめになったアホでスットボケタ男のお話しです。

動物振りもユーモラスで、最後には隣の檻のライオンとの対決!

震えながら神様に助けて下さいと祈っていると、そばへ寄ってきたライオン君が耳元で「心配すんな。僕も一万円で雇われたんや…」

 

次は聖書の≪ヨナ書≫を落語風に楽しく語ってくださって、聖書を紐解いたことのない方でも神様のことを少しでもわかって下さったのでは…とおもいます。

この≪祝福亭一麦≫さん、れっきとした牧師さんなんですよ!

いろんな教会に招かれて福音落語を語っておられます。

教会でメッセージを取り次いでおられる≪坂口牧師≫と≪祝福亭一麦≫さんのギャップが、実に楽しいです。

坂口先生有難うございます。

で…師匠…次はいつですか(^_-)-☆

 

Mariko

 

 

0 コメント

お正月の音楽の会

 

皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年は暖かい冬ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

火曜日は、お箏と、懐メロ コンサートが当施設でありました。2部制に分かれたプログラムで、最初は袴姿の御姿で菊若先生(芸名)がお正月の曲や懐かしい唱歌を何曲か弾いてくださいました。

天皇皇后両陛下から受賞されるほどの腕前をもつ先生は、とても、とても、ご立派で、お箏の素敵な音色がデイルームいっぱいに響き渡りました。

 

特に「1月1日」は、この時期に合う曲で、御見事でした。

その後、男性ご利用者様から「”荒城の月”を独唱したいので、箏で演奏してほしい。」という急なリクエストにも快く了解してくださいました。歌う利用者様は気持ち良さそうで、伸びやかなお声でした。

 

休憩後はスーツ姿で登場され、10キロ以上あるイタリヤ製のアコーディオンを担ぎ、懐メロを弾いてくださいました。先生のユーモアのある司会進行のもと、沢山の曲を一緒に歌い楽しい時でした。

 

お忙しい中、演奏に来てくださった先生、補助に来てくださった方、素敵な時間を有難うございました。

 

うがい、手洗いをしっかりとして、インフルエンザや、ノロウイルスにお気を付けくださいませ。

 

スタッフ 輝之

 

 

1 コメント

賀正

 

 

 

 

謹 賀 新 年

 

 

 

 

 

 

  あけましておめでとうございます。

 

今年はとても暖かく過ごしやすいお正月でした。さまも、穏やかなよい

年明けをお迎えになられたことと存じ上げます。

 

 “ぶどうの木デイサービス”は皆さまからのご支援を賜り、おかげさまで今年4月にはオープンから6年目を迎えようとしております。

私たちスタッフ一同、もう一度心を新たにし、ご利用者様とそのご家族様に、喜んでいただけるお世話ができるようにと願っております。

 

 “ぶどうの木デイサービス”のビジョンとして、今年は「今日も、喜びと希望をあなたに!」という思いを掲げて進んでまいります。

 

本年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

皆さまのご健勝を心からお祈り申し上げます。

 

2016年 1月吉日

代表取締役 鶴岡信司

0 コメント

ぶどうの木のクリスマス

メリークリスマス!

今年のクリスマスは、イブもきょうも暖かい日でしたね。

皆様も、恵み深いクリスマスをお迎えになられたことでしょう。

 

”ぶどうの木”のクリスマス会は続き、19日にはクリスマスフラメンコショーがありました。

スタッフの一人が習っているフラメンコスタジオのお仲間が3人来てくださって、合わせて4人、衣装、メイクもしての本格的な踊りを見せてもらいました。

 

華やかな踊り、軽やかなカスタネットに合わせての明るい踊り、また、哀愁深い踊りもありました。

遠い舞台で踊っているのを見るのとは違って、目の前で見る踊りの迫力と衣装の色鮮やかさに、見ている私たちは元気と湧き上がるような力をいただきました。フラメンコの国スペインでも、クリスマスをお祝いしていることでしょう。

 

またきょう25日は、午前中に高校生と大学生の姉妹お2人が来てくださって、自作の紙芝居を披露してくださいました。

スタッフの一人の娘さんたちで、お母さんがお話を考え、娘さんが絵を描き、色を塗りと、まさに世界にたった一つだけの紙芝居を見せてくださいました。

家族みんなで紙芝居を作るなんて、温かいご家族を感じる温かいクリスマスのひと時でした。

 

午後は、近くに住んでおられる車野礼二さんが今年も来てくださって、トランペットコンサートをしてくださいました。

クリスマスソングや、懐かしい曲、ディズニーの曲などを演奏してくださり、また、ファンファーレなども聞かせてくださり、その大きな晴れやかな音に、心が広がるような思いでした。

 

11月からクリスマスツリーや、さまざまな飾り物でディルームを飾り、クリスマスの歌を歌い、この季節を楽しみ、味わってきましたが、今年のクリスマスもきょうを迎えて終わりました。

 

さぁ、もうすぐ2015年も暮れ、新しい年がやってきます。

皆様、この年もさまざまにお世話になりまして、ありがとうございました。来たる、新しい年もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

スタッフ 淳子

0 コメント

素敵な仲間たち!

 

楽しくて愉快な三人組。その名は ♪紙ひこうき♪

オカリナのやわらかな優しい音色…

ギターのなんてカッコイイこと!

ウクレレ弾き語りのダンディーなこと!

ン…?手品までやっちゃいますか?!

聖歌から山のロザリア・あざみの歌・リンゴの木の下でなどの懐かしい歌。

100万本のバラも、ひょっとしたら加藤登紀子サンよりいいな…(おときさんファンの方ごめんなさい)

衣装も洒落ていて、まさにエンタティメント!

ご利用者様もスタッフも、どんどんと♪紙ひこうき♪さんの世界にひきこまれてゆきました。

歌や、ほんの少しの言葉で人はこんなにも満ち足りるものなのですね。

帰宅してからも心がほっこりしていました。

♪紙ひこうき♪さん一足早いクリスマスプレゼントを有難うございます。

また来てくれはるかな~~~

 

Mariko

0 コメント

不思議な世界へ ようこそ!

師走に入りました。

みなさまいかがお過ごしですか?


ぶどうの木では部屋いっぱいにクリスマスの飾りを飾って、

楽しみつつ待降節を過ごしています。


昨日は、西宮マジッククラブの方に来ていただきました。

お一人おひとりが「あ!」っと驚く、魔法の手品を披露してくださいました。


利用者様も「え?!」「なんで?」「あらっ!!」と驚きと不思議さで気づけば、もう手品の世界へ!


ショーが終わってからは、マジッククラブのみなさまにインタビューの時間をもちました。


「手品を始められたきっかけは何ですか?」

という質問に、



『孫に喜んでもらいたくて』

『私は何も不得手なので、マジックをして人を喜ばせたくて』

とおっしゃいました。


練習も大変でしょうし、緊張の舞台も多いと思います。

しかし、みなさま『だれかのために』手品をもちいたいと思われている姿に私は感動いたしました。


私も『だれかのために』できること考えていきたいと思わされました。


寒さを忘れて、わくわくとした時間を本当にありがとうございました。



春美


2 コメント

パワフル!ママさんコーラス♬

17日火曜日の午後、大社中学校のママさんコーラスグループ  “レディーバード”さんが9名で来てくださいました。

 

「翼をください」、「名残り雪」、「ビリーブ」を聞かせてくださった後は、ご利用者さんと一緒に合奏、またすばらしいピアノ伴奏で、懐かしい曲の数々を共に歌いました。

関西のママさんは、皆すばらしい “芸人さん” で、楽しい方ばかり。


ステージの後の自己紹介では、まだ子育て中の皆さんに「お子さんにどんな大人になってほしいですか?」と尋ねました。

「社会の役に立つ人に」、「自分の好きなことを一生懸命する人に」、「すばらしいスポーツマンになってオリンピックに出てほしい」など、“子育て大先輩” のご利用者さんを前に、それぞれ生き生きと願いを語ってくださいました。

歌の大好きな、よい仲間をもつ、こんな“パワフルおかん” に育てられる子どもたちは幸せ者ですね。


“レディーバード” の皆さん、ありがとうございました。


スタッフ 淳子


4 コメント

晩秋の外出


早、立冬を迎えました。

落ち葉や風の冷たさにだんだんと冬の気配を感じるようになりました。

 


みなさまの街にも「小さな冬」ありますか?

 


  

11月6日 西宮菊花展へ

日中の太陽のあたたかさを感じて「今だ!」と外へ出て、

私たちはえびす神社へ。

西宮菊花展の観賞に行きました。

 

細い茎の先には、まあるく、ふんわりと立派な菊の花が咲いて、

美しい作品の数々が私たちを迎えてくれました。

 

丹精込めて育てられた方の手が見えるようでした。

ある利用者様は「私の父が菊を一生懸命育てていて、その場面を思い出します。」と眺めておられました。

 

落ち葉を踏む音にも季節を感じつつ、菊を見ながら、

それぞれ思い思いに浸って帰ってきました。



 

11月10日は、大社公民館にて、ふれあいサロンへ。

今回はなんと、86歳のアコーディオン演奏者による歌声喫茶でした。

 

にこやかな笑顔で、そして軽やかに演奏される演奏者。

 

そのご様子に私たちも励まされるとともに、

15歳で戦争の兵隊として志願され、シベリア抑留もご経験された方だということに長い人生を思いました。

 

生演奏にのって、声を出して歌うことが、実は貴重でなんとしあわせなことか・・・そんな幸福感に包まれたひと時でした。

 

春美

2 コメント